昨日よりちょっといい日

精神病を持っていても昨日より今日がちょっと良くなるように、日々実験した結果を書いていくブログ、にしようと思いましたがこのありさまです。

自宅療養の1日のルーティン

最近人に勧められて、andymoriにはまっています。

これを書いているのも、書きながらandymoriを聴いていたいからです。

 

療養生活も板についてきました。

病院とは違いますが、自分なりのルーティンができてきましたので紹介します。

 

8:00 起床

        あさごはん(遅いからひとりだけど、よく父親が話しにきてくれる)

        朝の薬

9:00 洗濯

9:30 昼ごはんまで不安な気持ちで暇を持て余す(調子が良ければヨガの太陽礼拝や筋トレをする)

12:00 ひるごはん

          ヒルナンデスを少し見る

          昼の薬

13:00 昼寝

          サンデーナイトドリーマー を聴いていたら眠れる

15:30 目覚める

           風呂掃除、掃除機、洗濯物を畳む

17:00 40分の散歩に出かける

18:00 暇を持て余す(何か書くかもしれない)

19:30 夕ごはん

20:30 入浴

21:30 夜の薬

22:30 就寝

 

こんな感じです!

午前中が鬼門です。大抵何もする元気がないし、心配しているばかりです。

朝から元気になれたら、ずいぶん治ったって思える気がします。

 

がんばっているポイントは散歩と、できるときにやっているヨガや筋トレです。

家事はがんばらなくてもできます。むしろ時間がつぶれてうれしいです。

 

最近少し物を書くようになったので、45分くらいはつぶれるようになりました。時間を潰すための落書きです。

毎日暇だけど、こうして書いてみると意外といろんなことをやっていますね。

 

治したい気持ちがすごく高まっているので、できるだけ模範的な療養になるようにがんばっています。(それも変かな?)

お医者さんに言われた、散歩の時間を伸ばすことと、趣味を見つけることをちゃんと実行しました!

研究はしたいけど、まだ我慢しています。何週間か前にやってみたら、調子を崩したからです。

大学の友達が早く戻ってきてと言ってくれるので、絶対元気になりたいです!

 

 

 

朝の心配

おはようございます。

朝は7時半くらいに起きるダンボです。

今日は梅雨なのにカラッと晴れていい天気です。

 

朝はいつも、今日は無事に過ごせるのかなって心配です。

落ち込まないか、時間がちゃんと過ぎてくれるかを心配しています。

昼寝して起きて15時半くらいになったら、今日もあとは消化試合だぜって感じなんですけど、朝は一日が途方もなく長く感じてしまいます。

午前中は調子が良くないので何もできないし、今日はお昼ごはんの支度もしないといけないのです。

 

金曜日はツタヤに行く日なので、借りていた月刊少女野崎くんを読みます。

なぜかAmazonで貼り付けられないので、できたらまたやっときます。

予想に違って4コマ漫画だったので、のんびり読めます。

これも抑うつでも読める漫画だと思います。

 

みなさんは私の分まで良い一日を過ごしてください…!

 

 

うつレコ(アプリ)おすすめです

梅雨らしい大雨の音が聞こえています。

もっとしとしと降ってくれてもいいんだよ。

うちの庭は土が悪いのか、水溜りだらけになって歩行困難です。

 

何年も前、まだ病気が悪かったし、うつ病と思われていたときに使っていたうつレコというアプリを復活させました。

 

うつレコ|うつ病の人のための行動記録ツール

 

日記を毎日つけているのですが、文章で書いても調子の波は分かりづらいです。

だんだん良くなってきて、主治医に辛いのは週に何日くらい?と聞かれるようになって、あれ?意外と分からないなと思ったので、うつレコを再開しました。

その日の調子はアイコンで選び、あとでグラフにもしてくれるので、目で見て調子の波が分かりやすいです。

また、メモが残せたり、行動や睡眠時間が記録できたりするので、調子の波との因果関係も見つけやすいです。

 

診察室に行くと、辛い日が多いです(泣)と言いたくなるのですが、それでは薬が増える一方なので、ちゃんと記録をつけないと。つらい時間は長く感じてしまうので、実際にはもっと調子のいい日が多いんじゃないかと思っています。

 

簡単に記録できて、ちゃんとしたレコードになるので、うつ病に限らず調子に波がある方にはおすすめのアプリです。

数年前の記録もちゃんと残っていて、なのに無料!

 

 

今日は東京の主治医と電話して、過ごし方のアドバイスをもらいました。

運動時間を5分だけ増やしてみようということと、時間を過ごせる趣味を見つけようということを言われました。

今は散歩を20分くらいしているので、もう少しのばしてみます。

趣味はなかなか見つからないのですが、今フリーライティングの本を読んでいて、もしかしたら書くことが暇つぶしになるかもしれないと思っています。

東京の主治医は、お金になるわけでもないのに二週間に一回電話をくれて、本当に親切です。私が元気になると心から喜んでくださるので、それに応えてどんどん良くなっていきたいです。

 

 

 

 

安心して暮らしたい

私の住んでいるところでは梅雨の晴れ間が続いています。

明日からはずっと雨みたい…雨を乗り切れるかなあ。

 

毎朝、今日の調子はどうかなってびくびくしながら起きます。

今日は怠くて嫌な気分だったから、調子が悪いんだ、死にたくなったらどうしようと思っていました。

午前中何もしないで布団でじっとしていて、昼になって起きたら喉と頭が痛かった。

なんのことはない風邪でした。

 

心の調子が悪いのかと思って肝が冷えました。

風邪もいやですけどね。

 

毎日、今日は元気に過ごせるんだろうかとびくびくしないですむ生活がしたいです。

そんなこと忘れてた!みたいな日がくるんでしょうか。

もしきたらここで報告しようと思います。

 

 

心が弱ってても読める漫画 『働かないふたり』に癒される

梅雨ですがお変わりありませんか。

今年は夏が早く来るそうです。楽しみですね!

 

漫画くらいなら読めるようになってきました。

でも残酷だったり悲しかったりするものはダメージを食らうので読みたくありません。(ゴールデンカムイはだめでした。)

 

心が弱っている時でも読める漫画を探して、

『働かないふたり』

を発見しました!

 

働かないふたり 1巻 (バンチコミックス)

働かないふたり 1巻 (バンチコミックス)

 

 

 

ニートの兄妹が楽しく暮らしているだけのギャグ漫画ですが、兄妹の仲が良く、心配事とかなくて本当に楽しそうなので、同じく仕事をしていない人間としては非常に癒されます。

こんな風に、何もなくても毎日を楽しめるようになりたいなと思います。

意外と登場人物がどんどん増えるのですが、出て来る人たちはみんな良い人なのでほっこりします。

また、ニートふたりの両親の対応がうちに似ていて共感できます。深刻にならず、現状を受け入れ、子供たちと楽しく暮らしています。

一話が2〜数ページなので、それも楽に読める一因です。

 

他に、『ふらいんぐうぃっち』も読みました。

これもほのぼのしていて、何事も起こらないのでよかったです。

でも『働かないふたり』よりは「ちゃんとした」漫画なので、ちょっと読むのは疲れました。

『働かないふたり』はPixivで連載されていたフリーのWeb漫画みたいです。その緩さがいいのかも…。

 

そろそろ読み終わってしまうので、次はどうしようか心配しています。

これからもネットでほのぼの漫画のオススメを探していきます!そろそろ小説でもいいかもな。

オススメがあったら教えてください!

散歩をすると死にたくなる

梅雨ですがお元気ですか。

気候が不安定だと体調に響きますよね。

うつヌケの作者さんも低気圧に影響されて鬱がぶり返すそうです。

 

 

ここ三週間くらい、近所の神社にお詣りするのを日課にしています。

最初はただの散歩だったのですが、ネットで知り合った方が毎日神社で私の健康を祈ってくれているそうなので、私もその人の成功を毎日お祈りすることにしました。

その人はスランプに陥ると、毎日山の神社に走って行って他人の幸せを願うのだそうです。おかげで脚がむきむきになったと言っていました笑

そんな素敵なストレス発散法もあるんだなと感心しました。

 

自分が不幸なのに他人の幸せを祈るのは最初は抵抗がありました。

でも慣れて、次第にいろんな人の幸せを願えるようになりました。

自分のこともついでにお願いします。

 

 

それはすごくいいのですが、散歩をすると死にたい気持ちが出てきます。

よくネットでは、死にたくなったら散歩に出よう!と書いてありますが、私は逆です。

リズム運動はセロトニンを増やしてくれるとも読みましたが、歩いていると自然と暗いことを考えてしまって、気がついたら歩くリズムに合わせて 死に・たい 死に・たい と思っています。

こうなってしまう人は他にはいないでしょうか?

前から散歩は逆効果だなあと思っていました。

身体づくりのために散歩をしていますが、気分は晴れません。

もし同じような人がいたら話を聞いてみたいです。

 

 

私の幸せを祈ってくれている人もいるわけで、死なないようにがんばります。

ネットの出会いもなかなかいいなと思いました。

統合失調症のみんなのブログを読んでみました

今日はふと、同じ病気をしている他の人たちはどう過ごしているんだろうと思って、統合失調症のブログを巡回してみました。

 

そしたら多くの人が自宅で療養しているか、作業所に通っているか、バイトをがんばっているということが分かりました。

みんな明るく前向きで幸せそうだけど…健常な人と同じような生活はできないんだなあ。(みんながそれを目指しているわけではありませんが。)

 

私も、もしバイトで働けたらとてもうれしいと思います。一歩前進っていう気がします。

実際去年は大学でTAと助手をしていて、とても誇らしい気持ちでした。

 

でもそこから独り立ちまではすごく遠いんだな…。

 

なんとなく元気にさえなればまた大学院に戻って、博士号を取って、就職できると思っていましたが、統合失調症という病気を考えると夢のまた夢なのかもしれません。

 

でも目の前のことをがんばっていったら、仮にお金は稼げなくても明るく暮らせるようになるんだろうなといろんなブログを見て思いました。

7年前の私だったらそんな人生は嫌だと思うと思うけど、今は元気ならそれでありがたいかなと思います。

 

当たり前に社会復帰する心算だったので、ちょっとショックを受けました。

たしかに今のような状態では研究も仕事もできない…。

元気になるんだと思っていましたが、これが私の普通になるのかもしれません。

 

世間から取り残されたようでなんだかさみしいなあ