昨日よりちょっといい日

精神病を持っていても昨日より今日がちょっと良くなるように、日々実験した結果を書いていくブログ、にしようと思いましたがこのありさまです。

バーのマスターにウイスキーの飲み方を教わる

昨日は飲みに連れて行ってもらいました。
初めて新宿のバーというやつに行ったら、マスターは気さくなおじいさんでした。かっこよくて、サスペンダーをしてて、田舎では絶対会えない感じのおじいさん。
お酒が弱いのでジュースみたいなカクテルを飲んでいたら、「お酒の飲み方教えてあげる」と言って小さいグラスにウイスキーを出してくれました。

マスター曰く、「カルテルやなんかごくごく飲むのはお子様。強い酒の楽しみ方は、口の中に溜めておいてつばきが出るのを待つ。そして混ざって甘くなるマリアージュを楽しむ。それで飲み込んで後からふわーっと香が抜けるから、それをまた感じるんです。」こんなかんじ。
ウイスキーなんか飲めないよ!と思いながら恐る恐る口に含みました。アルコールがきつくて口の中がピリピリちくちくするけど、おじいさんが「我慢我慢」と言うからじっとしていたら、突然味が変わりました。甘みが増して、感じられる香も変わって、なんだかおいしいと思ったところで飲み込むと、後から強い香りの混合体が喉で破裂したみたいに上がってきて、鼻と口が本当に幸せになりました。
香りに襲われるこの感じ、ウイスキーの
他では体験したことありません。おいしくておいしくて顔が綻んでしまう。一瞬強く、幸せだ!って思いました。
はまってしまうかも!

ジャズの流れるバーで、気のいい人たちとお酒を飲んでいると、不思議なほどゆったりした気分になりました。場所の魔法ってありますね。あんなに寛いだのは久しぶりです。
おじいさんも本当に素敵な方だし、またあのバーに行けたらいいな。